NS's AI Factory

2D格闘ゲームツール「MUGEN」のAIの製作をしています。 興味がありましたらどうぞ貰ってやってください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年の終わり

2014年まとめ

こんにちは。今日で2014年も終わりです。再び冒頭の記事の日付を一年進めることができました。
皆さん、やり残したことはないでしょうか?大掃除、しめ縄、年賀状・・・年の瀬は用意するものが多くてあわてちゃいますよね。

さて、今年を振り返ってみると、仕事をするようになってからあまり製作をしてないなあと感じていたのですが、
上の画像のようにまとめてみると、なんだかんだで結構な数のものをリリースしてますね。
ただ、キャラはカルロス1人だけなので、もうちょっと作れたらよかったかなあと思います。

実は、WIPとして3キャラほどストックしてるんですけどね。
折角ですし、ほんのちょっとだけお披露目いたします。

1.リック・パワード(押忍!!空手部)
変なことしなけりゃもう公開できるのですが・・・

「押忍!!空手部」に登場する圧倒的なパワーと防御力を誇るキャラで、通称「神戸の黒鬼」と呼ばれています。
安藤に続いて作っていたのですが、うっかり原作漫画っぽいことをやらせようと思ったら思いのほかめんどくさく、放置中です。
とはいえ、殆どの動作はできているので、やる気が出るか予定動作をあきらめるかすれば公開はできるんですけどね・・・(笑)

2.リン・ベーカー(レイジオブザドラゴンズ)
いじるところがまだまだ多そう・・・
「レイドラ」の主役タッグの片割れですね。なるべく原作っぽく作ろうとしていました。
このキャラはずーっと前(2010年ぐらい?)からちびちびちびちび作っており、一応動かせるレベルにはなってます。
去年上げたP操作動画でも使用しましたね。

ただ、コンビネーション時にコマンドが出なかったり、デュプレックス時の補正を調べるのがめんどくさくて放置中。
海外製作者様のオープンソースのリンを改変して作ってるので、私が変な勘違いをしてる可能性もあるのも不安要素。

3.九戸真太郎(豪血寺一族)
必殺技の仕様が決まらないよおおおお
ウチのブツの代表格でもある真太郎ですが、「キャラとして作ってみたいなあ」と思いまして最近着手中。
原作仕様ではなく、ボコスカ殴るのが気持ちいいアレンジ仕様で作ろうと画策しております。
今のところ通常技、特殊技はできてますが、必殺技の性能の塩梅がピンとこず停滞中。
また、固有ゲージも作る予定なのでそっちもやらないと・・・モチベーションは高いんですけどね(笑)。

来年はこの中の1キャラはお届けできたらなあと思います。

まあ興味がある方はごゆるりとお待ちください。




たまには動画のお話を
さて、今年の後半も結構色んな大会がありました。終わっているものはネタバレを含みますので、閲覧はご注意ください。




夏ごろ開催されたタッグ大会です。
溝口、絢辻さん、真太郎が出ておりました。
タッグ大会の面子って、結構固定化されている先入観があったのですが、
あまり見ないキャラも多く、楽しく見れました。
また、特に愁子&真太郎のタッグはいい感じで、2人で強豪をボッコボコにするところは見ていて痛快でありました。


今となっては珍しい、並~強ランクの普通の作品別トーナメント。
なんだか不思議ですが私のブツがやたらと出ており、
「ほぼ毎Partのどっかに私のブツがまぎれてる」という事態に。
そんな体験初めてだったので、かなり恐縮しておりました。


年末恒例のMUGENプロレスも4回目。投稿者と視聴者コメントが一体となって盛り上げているのがいいところですね。
ウチのキャラは他と比べるとどうしても華に欠けるのは否めないのですが、それでも暖かいコメントをいただけると嬉しくなります。
せめて自分で作ってるマーシャはそれなりに見せ場あるプロレスができるようにしてあげたいんですが…ドット絵の都合上、難しいんですよねえ。
今年低調であるもののは大金星をあげたんですから、成長させた彼女を作り、どこかでお披露目したいものです。


以前あった「大盛り」より少ないので、「並盛り」・・・(よく並ランクの大会じゃないの、とか周りで言われておりましたね)
総勢1024名の大規模トーナメントです。今日の午前0時で完走されました。
最初は大規模トナメは荒れやすいけど大丈夫かな・・・と外野ながら不安視もしていましたが、
比較的平和に終わって勝手にほっとしております。
製作者さんからの更新依頼もしっかり応じられていたので、あそこまでできないと大規模って難しそうだなーと勝手に思っておりました。本当にご苦労様でした。
こういう大会は日ごろ見ることのできないキャラが登場することもメリットで、怪獣キャラには専門の解説コメントがついたりして、「こんなキャラもいるんだなあ」と知識を深めることができました。
私のブツは主にAIが活躍していました。意外だったのは鼎が相手をポイポイ投げて、いつの間にかベスト32まで残っていたことです。くじ運が良かったのでしょうが、よく頑張ってくれました。
一番がんばっていたのはスト4スマイル。コマ投げやウルコンの高火力と、飛び道具無敵スライティングを駆使し、
ベスト16までコマを進めました。製作者さんも喜んでおられたので、嬉しかったです。
優勝はちょっと意外でしたね。強いのはなんとなく伝わってきましたが、あそこまでいくとは思いませんでした。
通常時下段無敵(なのでしょうか?)のようなのが効いているのでしょうか。


こちらは現在進行中の大会。TAG TEAM SYSTEMを使用し、AIにもそれを適用させたようで、
いつもの戦いとは一味違う戦闘を見ることができます。
編集もハイレベルで、他の方のCNSまでいじることができるなんて本当に脱帽モノです。
ウチのブツは鼎、めぐみ、久保田、片菜、幽香が出場しております。
鼎や久保田はそれなりに人気がありますが、ほかは中々しぶ~いチョイス。
一見人気ありそうな幽香も、ni-san氏のSゆうかりんじゃないのってコメントが出ちゃうぐらいの知名度ですしね(笑)。
どの選手も、いいトコを存分に披露してきて欲しいものです。

今年もこんな辺境の地に足をお運びいただき、ありがとうございました。
来年はもっとペースが落ちることが予想されます(特に3月までは)が、まだまだこっそりとやっておりますので、
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
それでは、良いお年を。

スポンサーサイト

コメント

あけましておめでとうございます!
NS氏のキャラやAIていったら「仁義
無き戦い」でのハリー・ネスの活躍が
凄かった事が印象に残っています。
来年も製作頑張ってください!

  • 2015/01/01(木) 23:34:17 |
  • URL |
  • nova #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nsaifactory.blog69.fc2.com/tb.php/236-20c5479d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。